Homeスポンサー広告>穴あき病

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

穴あき病

2014.10.19 Sun

クマノミが病気になってしまいました。


穴あき病とも口くされ病とも言われている病です。

ある日、クマノミの下唇の下、顎のあたりに黒い傷のようなもを見つけたのが始まりでした。

そのころは、我が家へ来たばかりで水槽になれず、イソギンチャクに近づくもの全てに威嚇をして、カニと格闘したり、アゴハゼには、こっちに来るなと口でつついたり、盛んに泳ぎ回っていたので、岩にでもぶつけたのかと思っていたのです。

ですが、1週間を過ぎた頃だんだん赤く大きくなってきて、「おかしいな」、と思い写真を撮って確かめてみることにしたのです。

yamai1.jpg

yamai2.jpg

yamai3.jpg

写真で見るとはっきりわかります。赤くただれ、肉が溶けているようです。
やはり「穴あき病」でしょう。エロモナス・サルモニシダ感染。
痛いのか横になっていることが多くなりました。

治療の始まりです。治療と言うと大変大げさですが、早いこと消毒です。

クマノミを水から出して、ラクトフェリンを水で溶いたものをスポイトで垂らして飲ませます。
その後、イソジンを薄めて綿棒で塗布しました。
1日1回行い様子を見ています。

まだまだ油断できませんが、少しずつ泳いでいる姿を見ることが出来るようになりました。

yamai4.jpg

痛々しくもこんな姿で、イソギンチャク生活しています。

クマノミを購入時、「薬で採取したので弱っています。」とお店のひとが言っていたのを軽く考えていました。
お店では弱々しくしていたけど、我が家の水槽では元気に泳いでいたのに、後からじわじわと体を痛めにやってくるのでしょうか。


病気の原因が、採取時の薬と断定できませんが、疑いはぬぐえません。



スポンサーサイト

テーマ:海水魚 - ジャンル:ペット

タグ:

コメント

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://osakananoheya.blog120.fc2.com/tb.php/124-7a8715d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。